嫉妬度チェック

0%

彼が女性と楽しく話しているところを見ると嫌な気持ちになる

元カノのことを話題に出して欲しくない

SNSや学校、職場で彼が女性にちやほやされるのは嫌だ

彼からのLINEの返信が遅いと不安になる

彼が誰にでも優しいのは嫌だ

彼が今日何をしていたのかいつも聞いてしまう

彼が自分より女友達を優先したら嫌な気持ちになる

彼の交友関係について詳しく知りたいと思う

女性が彼のことを好きだと知ったら嫌な気持ちになる

誰かに彼のことをとられてしまうのではと思うことがある

嫉妬度チェック

彼を信じる気持ちも大切!嫉妬度100パーセント!
あなたの嫉妬度は100パーセント!

彼に近づく女性は全て許さないといった勢いです。

嫉妬のあまり周りの人に敵意をむき出しにしたり、彼のことを束縛、管理しようとしてしまうレベルです。


嫉妬が原因で彼と喧嘩になり、そのまま別れてしまうこともしばしば。

私はこんなに彼のことを愛しているのにどうして彼は応えてくれないの…と悩むことがあるなら、それはあなたの嫉妬心が二人の間に不和を生んでいるのだと考えられます。


嫉妬する気持ちは幸せな恋愛関係を築くためには障害となってしまいます。

ここでは嫉妬の気持ちをやわらげるための方法を3つご紹介します。

自分が興味を持ったものだけでもかまいませんので、試してみてくださいね。


◆自分磨きをする

嫉妬は、多くの場合自信のなさが生み出すものです。

自信がないから彼が他の人にとられるような気がしますし、他の女性が近づいてくると気にしてしまうわけです。


もしも自信たっぷりならどんな女性が彼に近づいてもあなたの気持ちが揺らぐことはありません。

彼は自分を好きでいてくれると確信を持てれば嫉妬の感情を抱く必要はないんですね。


よって、嫉妬しないために自分磨きをして自信をつけるようにしましょう。


資格や語学の勉強といったスキルアップに勤しんでもいいですし、歌や絵画、スポーツなどをして自分の人としての幅を広げるのもいいでしょう。

ファッションを研究してより素敵な女性を目指すのもいいですね。


嫉妬しているときは彼の方に気持ちが向きすぎているということがあるので、彼から目を離すためにも、自分磨きはおすすめです。

前よりもどんどん素敵になっていくあなたの姿を見れば、彼はあなたのことをもっと好きになることでしょう。


◆毎日のほめノートを作る

嫉妬しないためには自信をつけることだと述べましたが、自分を磨いてもいまいち自信が出ないという方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが毎日のほめノートです。


ほめノートとは、一日の中で自分ができたことや自分のいいところを書き出すノートのことです。


ノートには当たり前のことを書いていいんです。

「今日は朝から夕方までちゃんと仕事を頑張った偉い」というようなことを書いて構いません。

当たり前のことを当たり前にすることは、実はとても難しいことなのです。


ノートに書くことは、他の人の意見は気にする必要がありません。

例えば親に駄目人間だと言われていても、自分は偉いんだと書いていいんです。

自分で自分を認めてあげるのが大事なのです。他人は無関係です。


ノートに自分を肯定的に書く習慣が身に付いたら、自然と自分のことを肯定的に見れるようになっていきます。

自分の中の自分に対するイメージが良くなっているんですね。


前向きな気持ちになって積極的に行動ができるようになるので、嫉妬を治すだけでなく前向きになりたいという人には特におすすめの方法です。


◆彼の世界を広げると考える

彼がもしもあなたとだけ会話をすると考えましょう。

すると段々と話すことが少なくなっていきますし、彼はこれ以上魅力的になることがありません。

人は様々な刺激を受け、経験することで魅力的になっていくからです。


彼が他の女性とコミュニケーションをとるのは、彼がもっと魅力的になるために必要なことだと考えるようにしましょう。

彼の世界を広げる行為だと考えるんですね。彼がもっと素敵になると思えば、嫉妬の感情もやわらいできませんか。


女性が彼と話すのも、彼と自分がより幸せになるためのこと…ととらえることができれば、嫉妬やイライラの気持ちは少なくなります。


このように考え方を変えるだけで物事に対する印象ががらりと変わることがあります。


嫉妬心が強い方は物の見方が偏っている可能性が高いので、考え方を変えるようにするのがおすすめですね。


以上の3つを参考にして、嫉妬心を吹き飛ばしてくださいね!

嫉妬するくらいがちょうどいい!?嫉妬度50パーセント!
あなたの嫉妬度は50パーセント!

ものすごく執着しているわけでもありませんが、無関心でもないほどほどの嫉妬心ですね。

彼の立場からするとちょうどいいと感じられるので、嫉妬がマイナスではなくプラスに作用している可能性が高いです。


自由にさせるところは自由にさせて、譲れないところをきちんと線引きしてから嫉妬しているので、健全な嫉妬であると言えるでしょう。

無理に自分を変える必要はなく、そのままでいて問題はありません。


とはいえ、中にはもしかしたら今後今以上に嫉妬深くなるかも…と不安になる方もいるでしょう。

そんな方のために、嫉妬深くならないための3つの方法をご紹介します。


◆自分磨きをする

嫉妬は、多くの場合自信のなさが生み出すものです。

自信がないから彼が他の人にとられるような気がしますし、他の女性が近づいてくると気にしてしまうわけです。


もしも自信たっぷりならどんな女性が彼に近づいてもあなたの気持ちが揺らぐことはありません。

彼は自分を好きでいてくれると確信を持てれば嫉妬の感情を抱く必要はないんですね。


よって、嫉妬しないために自分磨きをして自信をつけるようにしましょう。


資格や語学の勉強といったスキルアップに勤しんでもいいですし、歌や絵画、スポーツなどをして自分の人としての幅を広げるのもいいでしょう。

ファッションを研究してより素敵な女性を目指すのもいいですね。


嫉妬しにくい自分になりますし、どんどん素敵になっていくあなたを見て、彼はあなたのことをもっと好きになるので、まさに一石二鳥の方法です。


◆毎日のほめノートを作る

嫉妬しないためには自信をつけることだと述べましたが、自分を磨いてもいまいち自信が出ないという方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが毎日のほめノートです。

ほめノートとは、一日の中で自分ができたことや自分のいいところを書き出すノートのことです。

ノートには当たり前のことを書いていいんです。「今日は朝から夕方までちゃんと仕事を頑張った偉い」というようなことを書いて構いません。当たり前のことを当たり前にすることは、実はとても難しいことなのです。

ノートに書くことは、他の人の意見は気にする必要がありません。例えば親に駄目人間だと言われていても、自分は偉いんだと書いていいんです。自分で自分を認めてあげるのが大事なのです。他人は無関係です。

ノートに自分を肯定的に書く習慣が身に付いたら、自然と自分のことを肯定的に見れるようになっていきます。

自分の中の自分に対するイメージが良くなっているんですね。


前向きな気持ちになって積極的に行動ができるようになるので、嫉妬深くなることを予防するだけでなく前向きになりたいという人には特におすすめの方法です。


◆嫉妬したときに自分の気持ちをノートに書き出す

あなたが嫉妬したときに自分の気持ちをノートに書き出すという手があります。

どうして嫉妬したのか、どんな気持ちになったのか、どういうことを考えたのかということを詳細に記録します。


そして、今の気持ちになるメリットはあるのか、何か考えたことがあるなら、その考えは妥当なのか自問自答して検討します。


こうすることによって、嫉妬深いという偏った性格になることを避けることができます。自分のものの見方をコントロールするわけですね。


嫉妬深くなることを避けたい方は、自分の考え、感情を常にチェックするようにするといいでしょう。

嫉妬とは無縁!嫉妬度0パーセント!
あなたの嫉妬度はなんと0パーセント!

嫉妬とは無縁の存在であると言って過言ではありません。

彼のことを信用しているので、女性が彼に話しかけていても嫉妬しないんですね。彼を束縛することもありません。


自信を持っているので何事も前向きに取り組むことができるなど、彼にとっても嬉しい存在であることは間違いないでしょう。


ただし、嫉妬を全くしないことで彼が不安になってしまうことがあります。

世の中は嫉妬する人が多いですから、本当に自分のことを好きなのかな?と彼が考えてしまうわけですね。

少しくらいなら嫉妬されたいという男性もいることでしょう。


ここではそんな彼を安心させるコツを2つご紹介します。


◆前向きな感情は言葉にして伝える

彼の不安を解消するには、自分の気持ちを伝えるのが一番です。

好きだということ、日頃感謝していること、嬉しかったことなど、前向きな感情は言葉にして伝えるといいでしょう。


男性は、女性に頼りにされ、感謝されると喜びます。

このような前向きな感情は彼が安心すると同時に嬉しい気持ちになることができるものなんですね。


言わなくても伝わる…と考えるのではなく、いいことは伝えようという考えでいるのがおすすめです。


◆冗談のように嫉妬したと言ってみる

時々、冗談のように嫉妬するな~と言ってみるのもおすすめです。
彼はそんなあなたを見て、かわいいなと思うでしょう。

嫉妬されているんだと思うと、自分が必要とされている気持ちになるので、彼はとても喜びます。


いつも言う必要はなく、思い出したように冗談として言うくらいで構いませんので、言ってあげるといいでしょう。


嫉妬しないタイプの恋人がいる男性は、何かと不安になりがちです。

そんな彼の気持ちを無碍にするのではなく、汲み取ってあげる姿勢が、彼と長続きするためのコツになります。


嫉妬しないということはとてもいいことなので、彼の不安を取り除いてあげて、彼といつまでも素敵な関係を続けてくださいね!

Share your Results:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です